2007年04月13日

スターリードラゴネット

いわゆるレッドスクーターです。
starry.JPG

4年前にメインの水槽を立ち上げた時から、タンクメイトとして必ずスクーター(和名:コウワンテグリ)かレッドスクーターが居ました。

『すいすい』でなく、『ひらひら』と泳ぐ姿、そして、止まって砂の上をじっと見て、さっと餌をついばむ姿が、凄くキュートで、ライブロックの影に隠れずに水槽の前面に出てきて泳ぐところもも好きです。

また夜は砂に潜って寝るのですが、朝、照明が付く頃に水槽を覗いていると、砂から出てくるところが見れたりもします。ちなみに三枚目のペアの写真で頭が白いのは起き抜けで白い砂が頭にのっているせいですw

性格も温和で同種のオス同士以外は干渉しないようです。大きくならないところも気に入っています。

何度かの水槽崩壊の時に☆になったりしましたが、非常に丈夫で他の魚がすべてだめでも、生き残ったりしていた事がありました。写真の個体は一昨年の水槽崩壊後に入れたものなので、2年弱ぐらいになると思います。

飼育したことがある方はご存知だと思いますが、テグリの仲間は非常に餌付けが難しいです。そのことが念頭にあるのと、ライブロックや砂の上の微生物を食べてどうにか生きているので、餌付けをしようと思ったこともありませんw『冷凍ブラインに餌付いた』という声は結構聞くのですがw

ヨコエビとかがたくさん沸くようなレフジウムなら全く心配ないのですが、まあキープできているので良しとしましょう。ヒラムシも多少は食べてくれるようですし。。。でもレフジウム、欲しいですw

レッドスクーターと呼ばれるものには、幾つかの種類があります。

良く見るのが、スターリードラゴネット(starry dragonet、学名:Synchiropus stellatus)と言って、白い部分が比較的ハッキリしている種類です。うちにもいる上の写真のものもそうです。

オスはメスより大きく、大きな背びれを立てると下の写真のようにとても綺麗です。ただ、綺麗な背びれを広げることがあまりないのが玉に瑕ですが。
starry fin.JPG

オスメスの区別がはっきり出来る種類なので、ぜひペアにして飼育したいのですが、写真のオスはうちの水槽では数ヶ月で消えてしまいましたが、ぜひまた入れてこんな感じ↓でペアにしたいです。
scooters_1sm.jpg

この写真が掲載されている記事によれば、ペアになると、一緒に円を描いて泳ぐなどのラブダンスが見れるそうです。この記事の途中のペアの写真の左下あたりにあるVideoをクリックすると動画を見ることが出来ます。ヤッコが産卵するのとと同じような動きをするんですね。ヤッコのラブダンスは当分見れそうにないので、是非レッドスクーターのラブダンスを自分の水槽で見たいものです。

レッドスクーターと呼ばれるものは、他にもセソコテグリ(Morrison's dragonet、学名:Synchiropus morrisoni)とか三宅島で発見されたミヤケテグリ(Moyer's Dragonet、学名:Synchiropus moyeri)とかヤマドリ(Japanese Dragonet、学名:Synchiropus ijimai)もレッドスクーターに似ており、私は区別が付きませんorz知りたい方はこちらをご覧下さい。

うちにいたオスの背びれにはミヤケテグリのオスの特徴と同じ二つの目のようなスポットがあり、余計混乱しますorz

余談ですが私も持っているクマノミガイドブックの著者のジャックモイヤーさんがミヤケテグリの発見者だったんですね。知りませんでした。
posted by やまたけ at 10:16| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レッドスクーターってそんなにバリエーションがあったなんて、
うすうす感じてはいましたが、
だって値段の落差がありすぎかたや1ロクセンヤッコ円かと思えばあちらでは1キンセンハゼ、
ちゃんと見比べてみた事なかたけど、絶対ちがう魚だろって。
Posted by ひかえ芽に春 at 2007年04月14日 12:20
こんちは シマ駄目でした。残念です。
いろいろやったんですが、固体選び重要ですね。

で、話は変わるんですが、オゾナイザ-つけてませんでしたっけ?
付けてるならどこのを付けておられるんですか?
本格的にお魚もとなれば、あった方が良いアイテムの1つになるんで・・・。教えてください。
Posted by ヨッシ- at 2007年04月14日 18:19
ひかえ芽に春さん、

そう、値段は随分違いますよね。
でも自分で見分けられないとw

まだ分からないですwww

ヨッシーさん、

シマ、残念ですね。
今度はちゃんと餌付いているものか、マーシャルかバヌアツさんを選んだらよいと思います。マーシャルやバヌアツならかなりの確率で餌付きますよ。

オゾナイザー、付けてます。
○イシーのYGR5というものです。
オゾナイザーはスキマーとは両立しない
http://bird.zero.ad.jp/~zau16158/seatoke19.htm
という考え方が一般的のようで、オゾナイザーをつけているリーフキーパーは殆どいないと思います。私はスキマーが弱いこともあり、自分の水槽にはオゾナイザーは効いていると思っています。

効いていると言っても○イシーのオゾナイザーは効かないと評判ですw本当にオゾナイザーの機能を重視するのなら、他の本格的なオゾナイザーを選んだほうが良いかと思います。
Posted by やまたけ at 2007年04月14日 23:30
>マーシャルやバヌアツならかなりの確率で餌付きますよ。

なるほど、産地によって餌付きも違うのですね。
でも、多分餌付けされているのを、選ぶことでしょう?学んだことは大きいですが、費用も高くつきますし・・・・・。1匹ちゃんと飼えるようになったらペア−で黄色バンドの濃いものをいれたいと、夢みています。

>○イシーのオゾナイザー
駄目ですか?安くていいかもと思ったりしてましたが、やめとこ・・・。
やっぱ、殺菌灯だけにしとこ。
ク−ラは今年交換しなければならないので、今ある9Wでは、流量的にも、問題があります。
いずれ、ちょうちょうを入れたいので、白点病にもカカリやすいらしいし、事前対策のため、この辺見直しております。

いつも、御教授ありがとうございます。



Posted by ヨッシ− at 2007年04月15日 09:57
ヨッシーさん、

マーシャルやバヌアツはハンドコート(手で捕まえる)だし、輸送も丁寧だとのことです。

オゾナイザーは扱いが難しいですね。
良く効くオゾナイザーは扱いを間違えると魚を傷つけてしまったりするようです。

殺菌灯は大は小を兼ねると言えるかも知れませんね。
Posted by やまたけ at 2007年04月15日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38337961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。