2007年03月29日

マルケサン・バタフライフィッシュ

うちのタンクメイトの中で、一番高い魚ですw




ヤッコの混泳』で書いたように、ヤッコの追加は中々決心が付かない中、ちまたでサンゴ水槽にチョウチョウウオを入れる人が増えたのを見て、『チョウチョウウオも良いかも』などと思っていました。

深場のチョウチョウは全般的に大人しいようで、混泳の心配はそれほどする必要がないようですね。ティンカーやマルケサンは特に人をあまり恐れないとも聞きました。一方バーゲスは水槽ではすぐに餌付く程飼い易いそうですが、自然界ではなかなか写真が撮れないほどシャイな魚だそうです。

最初に思い浮かんだのは、カリビアンとバーゲスです。なんといっても値段が1万円台、運がよければ1万円未満で深場のチョウチョウが手に入ります。話によれば雑食性で粒餌にも簡単に餌付くので珊瑚もつつかず、珊瑚水槽でも全く問題なしです。

ただショップで見るとカリビアンもバーゲスも地味に見えました。ヤッコのように肌が美しくない気がしました。今は逆にその淡い色合いと独特の泳ぎ方に魅力を感じていますが、最初のチョウチョウを探していた時はそう思ってました。

値段的にその次となるインディアンブラジリアンも今ひとつ。これも今はこんな感じで黄色身の強いインディアンの美しさ、淡い黄色のブラジリアン、両方とも惹かれますが、当時(といっても2,3ヶ月前ですがw)はあまり魅力を感じませんでした。

一方バーゲスやインディアンと同じロア亜属のティンカーやマルケサンは綺麗だと思うものの、値段はもっと可愛くないし。

そんな中で昨年秋にスイハイさせて頂いたPさんやAさんの水槽にマルケサンを見つけました。体高があり、綺麗な三角形の形と黄金色にとても魅力を感じました。

ただ問題は可愛くない値段。これまで高くても1万円台の魚しか購入したことがないので、その数倍の価格の魚を購入するのはかなり敷居が高かったです。

ところがラッキーなことに激安の固体をセール中のあるショップで見つけました。6cmとやや小さめの固体だったことも背中を押しました。寒い時期の通販で、しかも魚の通販は水槽を始めた時以来だったため、とても心配でしたが、到着したその日に粒餌をバクバク食べるほど上手く受け取れました。

写真を撮ってないのが残念ですが、夜暗くなると、体色が黒くなって、目のような模様が二つ浮かび上がります。面白いですね。

ところでマルケサン(Chaetodon declivis)には2つの亜種があり、ひとつはマルケサス諸島で見られるC.declivis declivis、もうひとつはライン諸島で見られるC.declivis wilderiがあります。C.declivis declivisは体の後ろ半分の部分に黄色味が強く、C.declivis wilderiは黄色よりも黒っぽい部分が多いそうです。うちのはティンカーほどではないにしろ、黒っぽい部分が多いのでwilderiだと思われます。

うちのマルケサンは水槽導入から1ヶ月も経っていない現在ではすでに手から食べる程、良く慣れました。


まだ飼育し始めたばかりですが、非常に飼育しやすい種類だなという印象を強く持ちました。チョウチョウは餌付けが難しい、などというイメージがあったのですが、マルケサンは全くその印象に当てはまりません。チョウチョウも色々なんですね。今のところサンゴは全く突付きません。

このマルケサン、何故か水槽のボスであるニシキに嫌われてます。あの温和なニシキが、時々追い回しています。体色が同じ黄色を含んでいるから気に入らないのでしょうか、心配です。
posted by やまたけ at 12:50| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
マルケサンやっぱりきれいですね。しかも手から餌を食べるとはうらやましい限りです。もう少し値段がやさしければよいのですけれど・・・。

うちはまだまだ経験不足が災いしてうまくいっておりません。

実物拝見させていただくのを楽しみにしてます。
Posted by iza at 2007年03月29日 22:33
すごすぎます!!マルケや、スミレ、シマ、入れ替わりに食べにきますね〜。実物を見てみたいです!!ベントラも寄ってくるんですね〜。羨ましい限りです!!
Posted by reef at 2007年03月30日 00:41
izaさん、

飼育本によるとマルケはティンカーとともに、丈夫で人にも良く慣れる最も飼育しやすいチョウチョウウオだそうです。

izaさんがチャレンジされているチョウチョウウオは難しい種類ですからね。私もそういうチョウチョウウオにチャレンジしてみたくなりましたw

reefさん、

この動画ではマルケが以前シマが占領していたポジションをキープしています。シマが同じ場所でつついていたときは、ほとんど口に入らず、下に落ちるのでそれをスミレやニシキらが拾うというパターンが多かったのですが、マルケは食べてしまうので、なかなか餌が落ちてこないニシキやスミレが指をつつく回数が増えました。

給餌が楽しいです!
Posted by やまたけ at 2007年03月30日 09:01
本当に何度みても手から食べてくれる姿ってかわいいですね!!しかもスミレちゃんもニシキちゃんもシマちゃんもみんなできてますね♪かわいいですね♪
Posted by さくらママ at 2007年04月02日 11:17
さくらママさん、

かわいいでしょ。勿論手から餌を食べるのもかわいいですが、周りで旋回している魚もその姿がかわいかったりします。

給餌の時間は楽しいですよね。
Posted by やまたけ at 2007年04月02日 12:58
さすがです!みんな手から食べてますね!うちも、もうそろそろチョウに行きたいです。いまのところ、ティンカーかインディアンが気になってます。
Posted by ココス105 at 2007年04月02日 22:12
ココスさん、

前にアップした動画の時と比べて、マルケの積極的な様子が目立ちますよね。

ティンカー、インディアン、どちらも魅力的ですね。最近黄色身の強いインディアンの美しさに気が付きました。コーラルフィッシュの最新号の26ページに載っているやつなんて凄く綺麗ですよね。
Posted by やまたけ at 2007年04月02日 23:40
そうなんですよね〜。インディアン欲しい欲しい病です(笑)でも、今は我慢の時期なので、ショップで眺めるだけですね。でも、私が見ているとこちらに寄ってくるんですよ。連れて帰ってといってるようで・・・(汗)
Posted by ココス105 at 2007年04月03日 00:10
ココスさん、

インディアン、飼い込むとどんどん綺麗になりそうな魚ですね。

でもインディアンもやっぱりチョウチョウですから、ケントロと比べても白点とか出易いと思います。

いや〜、我慢は辛いですね。
Posted by やまたけ at 2007年04月03日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。