2007年03月23日

水槽の眺め方

1年ぐらい前から水槽の眺め方が変わってきました。


最初は水槽は横から眺めるものという固定観念があったのか、何時も横のガラス越しに魚や珊瑚を眺めていました。

でも掃除をして1週間もするとガラス面はコケだらけで中が良く見えない状態にwマグネット式の苔取りクリーナーとかを使って綺麗にすれば良いのですが、苔が舞うのが嫌で最近はクリーナーも使っていません。

ではどうやって眺めているのかというと上から眺めています。
こんな感じです。


水流があると良く見えないので、メインポンプとパワーヘッド、メインポンプに繋がっている殺菌灯のスイッチは切ります。うちの水槽のレイアウトのせいなのか、横から眺めるよりも上から眺めた方が綺麗な気がします。メタハラの光が当たっているのを垂直から見れるせいかも知れません。またコモンやテーブル珊瑚など平らな珊瑚も上から見た方が綺麗です。

nishikizenkei.jpg

それから以前maruseiさんのブログ下から水面を眺めている写真がとても綺麗だったので、私も真似してみました。水面に映る珊瑚も予想以上に綺麗なので、お勧めです。

nishikidownup.jpg
【関連する記事】
posted by やまたけ at 10:10| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい眺めですね!とっても癒されます♪
スギノキ等のミドリイシの合間を泳ぐ魚達が美しいです。
視点を変えて、上から、下から見ると世界が違いますもんね。
やまたけさんの水槽の場合、魚は逃げないで逆に寄ってくるんですね!見習わなければ。。。
Posted by reef at 2007年03月23日 17:01
視点を変えて撮ると正面と違った美しさがありますよね〜。っていうか、水槽の中身が美しいから、余計に綺麗に見えるんですよ!さすがですね〜
Posted by ココス105 at 2007年03月24日 00:29
あ、やまたけさん、ボクと同じです。
ボクも水槽は横から見るよりは、上から見ることの方が多いです。

そのほうが透明度も抜群ですし、自然の海に居るかのような錯覚に陥るんですよね。
Posted by ジョリレオ at 2007年03月24日 03:49
私も同感です。

昔、TMA誌に上から見てすごい綺麗な水槽がありました。

うちはサンゴなしですが、上から見るために水深の浅い120cm水槽をセットしたのですが…シャイな魚を入れてしまい上から覗くと暴れる暴れる(笑)

上から眺める方がメタリック系の色は出るので良いですよ。コバルトスズメ、アオバ、デバなどは上から見るととんでもなく綺麗です。

ウスコモンも上から見た方がおもしろいですしね。
Posted by Tetsuo at 2007年03月24日 08:22
すごくきれいな眺めですね♪
私も大好きです。一番大好きな眺め方は
床に寝ころんで斜め下から水槽を見上げ
るのが好きです(*^_^*)
本当にサンゴの色が水面にきれいに映って
いいですよね!うちもそんなやまたけさん
のような色鮮やかな水槽になるように、
頑張りたいです(*^_^*)
Posted by さくらママ at 2007年03月24日 20:05
reefさん、

上から見ているとなんか引き込まれそうな錯覚を覚えることがあります。なんか不思議な感覚です。

魚は私の顔が餌に見えるみたいですよw

ココスさん、ありがとうございます。

この状態を維持していきたいものです。

ジョリレオさん、

そうなんですよ、自然の海でシュノーケリングしている時って大体上から見てますもんね。上から覗いていると引き込まれていくような錯覚を覚えるときがあります。

Tetsuoさんもですか、嬉しいですね。

>上から眺める方がメタリック系の色は出るので良いですよ
なるほどそういう効果、ありますね。スミレの紫やニシキの青など、コーラルブルーに照らされて、目がくらむような色をしてるんです。綺麗ですよね。

さくらママさん、

リビングに水槽を置かれているとそういうことが出来て羨ましいです。うちは玄関なので、立って見ることしか出来ず、です。

寝転んで水槽を見てまどろむ休日の午後、良いですねw
Posted by やまたけ at 2007年03月24日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36568517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。